マンドリン 演奏家紹介

演奏家紹介

マンドリン

肝付 兼美(Kanemi KIMOTSUKI)

<プロフィール>
慶應義塾大学卒業。ミヤタ・マンドリンギター研究所マンドリン科卒業。マンドリンを宮田吉子,久保田 孝,神戸愉樹美の各氏に師事。1992年まで、様々なマンドリン・オーケストラに服部 正,山本直純,久山恵子,今村 能,現田茂夫,山下一史,梅田俊明らの各氏の指揮のもと、コンサート・マスターや第2マンドリン首席奏者等として出演。
マンドリン独奏で、1994年、全日本演奏家協会の推薦選抜オーディションに合格。1995年、第5回全日本ソリストコンテストに入賞。同年、NHK洋楽オーディションに合格。
1995年、NHK-FM「土曜リサイタル」にマンドリン独奏で出演。1989年、シュタルクのマンドリン協奏曲でソリストとして客演。1998年より、横浜,札幌,東京,美唄,前橋で度々マンドリン・リサイタルを開催。2003年、全曲無伴奏によるマンドリン・コンサートを開催。2003年、作曲家・野崎勇喜夫氏の新曲を初演。
2001年に1stCD「夜想的幻想曲」,2002年に2ndCD「想い」を現代ギター社より発売、いずれも音楽専門誌「レコード芸術」で準推薦を受ける。2ndCDは専門誌「CDジャーナル」の新譜試聴記にも取り上げられた。2009年、CD「肝付兼美・田中昌江マンドリン二重奏コンサート」を発売。

田中 昌江(Masae TANAKA)

<プロフィール>
青葉マンドリン教室マンドリン科卒業。同研究科在籍。マンドリン及びアンサンブル法を肝付兼美氏に師事。高校時代のクラブで、声楽家・池田 實氏に音楽の指導を受ける。音楽理論を文部科学省認定(財)日本音楽教育文化振興会に学ぶ。2003年まで、札幌市内のマンドリン・オーケストラにコンサート・ミストレスや第2マンドリン首席奏者等として参加。
2005年より2011年まで、全国のプロ奏者を結集したゴンドラ・マンドリンオーケストラに第2マンドリン副首席奏者等として参加。2005年に前橋,2006年,2007年に札幌で開催された肝付兼美氏のリサイタルに客演。2006年より青葉マンドリン室内楽団メンバー、前橋のマンドリン音楽祭に6年連続招聘された。2008年に札幌,前橋,伊香保,七飯で、2011年に東京で、肝付兼美氏とのジョイント・コンサートを行う。2009年、札幌でデビュー・リサイタルを開催。同年、札幌市役所ロビー・コンサートに出演。
2010年、第3回近・現代音楽コンクールに入賞。2014年、ANP第19回ベストプレイヤーズ音楽コンクールに入賞。同年、第19回JILA音楽コンクール本選出場、弦楽器部門で入選。
2006年、プレクトラム音楽鑑賞会より発売されたCD「肝付兼美マンドロンチェロ リサイタル」でCDデビュー。2009年、CD「肝付兼美・田中昌江マンドリン二重奏コンサート」を発売。

武市 綾乃(Ayano TAKEICHI)

<プロフィール>
青葉マンドリン教室マンドリン科卒業。同研究科在籍。マンドリン及びアンサンブル法を肝付兼美氏に師事。音楽理論を野崎勇喜夫,野崎いずみ両氏に師事。6歳よりピアノを習う。中学,高校では管弦楽部でホルンを担当、指揮者・安部克彦氏の指導を受ける。
大学ではマンドリン・オーケストラの指揮者,コンサート・ミストレスを務める。
2005年より、フリーの演奏家として演奏活動を開始。2006年、前橋で開催された肝付兼美マンドラ・リサイタルに客演。2006年より2010年まで、全国のプロ奏者を結集したゴンドラ・マンドリンオーケストラに第1マンドリン副首席奏者等として参加。2006年より、青葉マンドリン室内楽団のメンバーとして前橋のマンドリン音楽祭に5年連続招聘された。2010年に東京,前橋、2011年に東京で開催された肝付兼美氏のリサイタルに客演。
2008年、第2回東京サミット音楽コンクールで優秀賞(最高位)及びファイナル奨励賞を受賞。2009年、第14回JILA音楽コンクールで弦楽器部門の第3位に入賞(第1位,第2位該当者なし)。

田本 美子(Yoshiko TAMOTO)

<プロフィール>
青葉マンドリン教室マンドリン科卒業。同研究科在籍。マンドリンを肝付兼美,田中昌江の両氏に、アンサンブル法を肝付兼美氏に師事。7歳より電子オルガンを習う。小中学時代は吹奏楽部に所属。2010年まで函館,札幌,青森のマンドリン・オーケストラにコンサート・ミストレス等として参加。
2011年より函館を拠点に、札幌,関東などでも演奏活動を展開。同年、全国のプロ奏者を結集したゴンドラ・ マンドリンオーケストラに参加。同年より青葉マンドリン室内楽団メンバー、前橋のマンドリン音楽祭にも招聘された。

マンドラ

肝付 兼美(Kanemi KIMOTSUKI)

<プロフィール>
慶應義塾大学卒業。ミヤタ・マンドリンギター研究所マンドリン科卒業。マンドリンを宮田吉子,久保田 孝,神戸愉樹美の各氏に師事。
1981年より、いくつかマンドリン・オーケストラにマンドラ奏者として客演。1993年より2011年まで、全国のプロ奏者を結集したゴンドラ・マンドリンオーケストラにマンドラ奏者としても参加。
2006年より、前橋,札幌,東京でマンドラ・リサイタルを開催。
2001年に1stCD「夜想的幻想曲」,2002年に2ndCD「想い」を現代ギター社より発売、いずれも音楽専門誌「レコード芸術」で準推薦を受ける。2ndCDは専門誌「CDジャーナル」の新譜試聴記にも取り上げられた。

田島 佐登史(Satoshi TAJIMA)

<プロフィール>
青葉マンドリン教室マンドラ科卒業。同研究科在籍。マンドラ及びアンサンブル法を肝付兼美氏に師事。音楽理論を野崎勇喜夫氏に師事。
高校,大学時代は学校のクラブでマンドラ首席奏者を務める。
2006年、全国のプロ奏者を結集したゴンドラ・マンドリンオーケストラに参加。同年、青葉マンドリン室内楽団のメンバーとして前橋のマンドリン音楽祭に招聘された。

林 達郎(Tatsuro HAYASHI)

<プロフィール>
青葉マンドリン教室マンドラ科卒業。同研究科在籍。マンドラ及びアンサンブル法を肝付兼美氏に師事。2009年まで、関東のマンドリン・オーケストラにマンドラ首席奏者等として参加。
2010年に東京,前橋、2011年に東京で開催された肝付兼美氏のリサイタルに客演。2010年,2011年、全国のプロ奏者を結集したゴンドラ・マンドリンオーケストラに参加。2010年より、青葉マンドリン室内楽団のメンバーとして前橋のマンドリン音楽祭に2年連続招聘された。2010年、服部 正「マンドラのための狂詩曲」でソリストとして客演。
2011年、第4回東京サミット音楽コンクールで奨励賞(最高位)を受賞。

マンドロンチェロ

肝付 兼美(Kanemi KIMOTSUKI)

<プロフィール>
慶應義塾大学卒業。ミヤタ・マンドリンギター研究所マンドリン科卒業。マンドリンを宮田吉子,久保田 孝,神戸愉樹美の各氏に師事。1992年まで、様々なマンドリン・オーケストラにマンドロンチェロ首席奏者等として参加。
1993年より2011年まで、全国のプロ奏者を結集したゴンドラ・マンドリンオーケストラにマンドロンチェロ首席奏者として参加。1997年、マンドロンチェロ独奏で第7回全日本ソリストコンテストで弦楽器部門優秀賞(部門最高位)を受賞。2004年、作曲家・野崎勇喜夫氏の新曲を初演。2005年より、前橋,札幌,東京でマンドロンチェロ・リサイタルを開催。2006年、青葉マンドリン室内楽団を結成(マンドロンチェロ担当)、前橋のマンドリン音楽祭に6年連続招聘された。
2001年に1stCD「夜想的幻想曲」,2002年に2ndCD「想い」を現代ギター社より発売、いずれも音楽専門誌「レコード芸術」で準推薦を受ける。2ndCDは専門誌「CDジャーナル」の新譜試聴記にも取り上げられた。2006年、CD「肝付兼美マンドロンチェロ リサイタル」をプレクトラム音楽鑑賞会より発売。

リュート・モデルノ

肝付 兼美(Kanemi KIMOTSUKI)

<プロフィール>
慶應義塾大学卒業。ミヤタ・マンドリンギター研究所マンドリン科卒業。マンドリンを宮田吉子,久保田 孝,神戸愉樹美の各氏に師事。
高校時代より現在まで、いくつかのマンドリン・オーケストラにリュート・モデルノ奏者として参加。2004年の青葉マンドリン教室発表会の講師演奏でリュート・モデルノ独奏を披露。

マンドローネ

肝付 兼美(Kanemi KIMOTSUKI)

<プロフィール>
慶應義塾大学卒業。ミヤタ・マンドリンギター研究所マンドリン科卒業。マンドリンを宮田吉子,久保田 孝,神戸愉樹美の各氏に師事。
高等時代はマンドローネ首席奏者を務める。以来現在まで、多くのマンドリン・オーケストラにマンドローネ首席奏者等として客演。

YouTube動画

指揮者

肝付 兼美(Kanemi KIMOTSUKI)

<プロフィール>
慶應義塾大学卒業。ミヤタ・マンドリンギター研究所マンドリン科卒業。マンドリンを宮田吉子,久保田 孝,神戸愉樹美の各氏に師事。久保田 孝氏から指揮法の手ほどきを受け、また服部 正,山本直純,久山恵子,今村 能,現田茂夫,山下一史,梅田俊明らの各氏との共演の中から指揮法を習得。1992年までいくつかのマンドリン・オーケストラで指揮を経験。
1994年、全日本演奏家協会の推薦選抜オーディションに合格。1995年、NHK洋楽オーディションに合格〔以上、マンドリン独奏〕。1997年、第7回全日本ソリストコンテストで弦楽器部門優秀賞(部門最高位)を受賞〔マンドロンチェロ独奏〕。
現在まで、多くの高校や一般のマンドリン・オーケストラを指揮指導。
2005年、一般のマンドリン・オーケストラを客演指揮し、指揮者としてデビュー。2007年、全国のプロ奏者を結集したゴンドラ・マンドリンオーケストラを指揮。

Copyright (C) 2008 青葉マンドリン教室. All Rights Reserved.